埼玉県で刑事事件を扱う弁護士検索

1-5名を表示 / 全5

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
工藤啓介 弁護士

工藤啓介

弁護士

元検事の経験を活かし、最後までご依頼者様とともに戦います

<初回ご相談から事件の見通しを明確化します> 事件に遭遇された際には適切な法的アドバイスで、 身柄拘束からの速やかな解放を目...

  • 刑事事件
  • 訴訟・裁判
  • 企業法務
事務所:
工藤啓介法律事務所
最寄り駅:
浦和駅 / 武蔵浦和駅 / 中浦和駅
住所:
埼玉県さいたま市浦和区岸町7-1-4細田屋ビル2階
前田真一 弁護士

前田真一

弁護士

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、日本で数少ない刑事事件・少年事件だけを取り扱う全国的な刑事総合法律事務所です。創立以来、刑...

  • 刑事事件
  • 刑事弁護
  • 少年犯罪
  • 脅迫・恐喝
  • 器物損壊
  • 公務執行妨害
  • ストーカー
  • 盗撮
  • 性犯罪
  • 児童買春
  • 傷害・暴行
  • ...
事務所:
あいち刑事事件総合法律事務所 さいたま支部
最寄り駅:
大宮駅(埼玉) / さいたま新都心駅 / 北与野駅
住所:
埼玉県さいたま市大宮区下町2-55 明邦下町ビル2階
齊藤統 弁護士

齊藤統

弁護士

2018年4月より現事務所所属

  • 遺言・遺産相続
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • ...
事務所:
沙羅法律事務所
最寄り駅:
志木駅 / 北朝霞駅 / 朝霞台駅
住所:
埼玉県新座市東北2-30-26三上ビル6階
高野哲好 弁護士

高野哲好

弁護士

社会人の経験を生かし、ご依頼者の満足をかなえるため、全力を尽

埼玉県川口市(旧鳩ケ谷市)出身 早稲田大学政治経済学部卒業 日本経済新聞社に新聞記者として25年間勤務

  • 遺言・遺産相続
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • ...
事務所:
たかの県庁前法律事務所
最寄り駅:
浦和駅 / 武蔵浦和駅 / 中浦和駅
住所:
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目7-6 武笠ビルⅠ 5階
中村友香 弁護士

中村友香

弁護士

埼玉県さいたま市で「遺言・遺産相続」「刑事事件」を扱う弁護士の中村友香です。最寄り駅は武蔵浦和駅です。浦和駅や南浦和駅からもアクセス...

  • 遺言・遺産相続
  • 刑事弁護
  • 少年犯罪
  • 脅迫・恐喝
  • 器物損壊
  • 公務執行妨害
  • ストーカー
  • 盗撮
  • 性犯罪
  • 児童買春
  • 傷害・暴行
  • ...
事務所:
むつみ法律事務所
最寄り駅:
武蔵浦和駅 / 浦和駅 / 南浦和駅
住所:
埼玉県さいたま市南区白幡3丁目13-4

埼玉県で5名の刑事事件を扱う弁護士が見つかりました。浦和駅や武蔵浦和駅や中浦和駅を最寄り駅としている弁護士がいます。刑事事件、訴訟・裁判、企業法務を扱う工藤啓介法律事務所の工藤啓介弁護士や、刑事事件を扱うあいち刑事事件総合法律事務所 さいたま支部の前田真一弁護士や、遺言・遺産相続を扱う沙羅法律事務所の齊藤統弁護士が活躍しています。「<検事経験10年以上の豊富な経験と知識> 平成8年から11年間、検察官検事として刑事事件に携わっておりました。 退官後、弁護」というプロフィールの方や、「大阪市生まれ、兵庫県川西市育ち。京都大学法学部卒業後、広島大学法科大学院修了。法律家を目指した理由は、人の人生がかかった重大な問題に」というプロフィールの方や、「2018年4月より現事務所所属」というプロフィールの方もいます。さまざまな検索条件で埼玉県に事務所を構える弁護士が見つかります。ぜひご活用ください。

刑事事件

刑事事件とは、傷害、窃盗、痴漢、薬物など、刑法などの法律によって刑罰を与えることになる事件を指します。捜査機関である警察が事件を捜査し、検察官が処罰を求めて起訴することになります。犯罪行為をしたと疑われる者は「被告人」となり、裁判の際には「弁護人」として弁護士がつきます。 刑罰を決める際は、犯行の悪質性や被害の大きさ、被害者感情など、多くの要素を考慮して判断されます。法律の専門家である弁護士は、被告人の言い分を法律的な根拠に基づいて裁判官に伝え、正当な判決が下されるように手助けをする役割があります。また、弁護士は被告人の利益を守る立場にあるため、ひとつひとつの手続きを相談しながら進めることができます。 どのような手続きが必要になるかはケースによって異なるので、刑事事件を起こしてしまった場合は、専門的な知識を持った弁護士へ相談しましょう。また、弁護士次第で結果が変わることもあり得るため、刑事事件の経験が豊富な弁護士を選ぶことも大切です。