大阪市天王寺区で医療問題を扱う弁護士検索

1-1名を表示 / 全1

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
池田直樹 弁護士

池田直樹

弁護士

介護虐待や介護事故に注力しています。 これらの案件は初動が非常に重要であり、必要に応じて証拠保全も行う必要があります。早期にご相談...

  • 医療問題
  • 遺言・遺産相続
事務所:
上本町総合法律事務所
最寄り駅:
大阪上本町駅 / 鶴橋駅
住所:
大阪府大阪市天王寺区東高津町11番9号 サムティ上本町ビル6階

大阪市天王寺区で1名の医療問題を扱う弁護士が見つかりました。大阪上本町駅や鶴橋駅を最寄り駅としている弁護士がいます。医療問題、遺言・遺産相続、その他を扱う上本町総合法律事務所の池田直樹弁護士が活躍しています。「<ひとこと> 自分の意地を通そうとして、無理をしている人 出口のわからない迷路で疲れ果てる人 突然の事件に巻き込まれ立ちすくむ」というプロフィールの方もいます。わざわざ士業に相談するほどでもないかなとお考えのあなたに。大阪市天王寺区にはちょっとした悩みでも親身に答えてくれる弁護士がたくさんいます。ぜひ聞いてみてください。

医療問題

医療事故とは、医療現場で発生するすべての人身事故を指します。そのなかでも医療過誤は、医療従事者による人為的なミスによって健康被害が発生した事件を指します。つまり、避けることができたはずの医療事故を医療過誤といい、医療行為に不信点がある場合は患者側が原告となり医療訴訟を起こすことがあります。 医療裁判を起こすには、医療機関の過失行為を証明する必要があります。しかし、医療行為は完全ではないため、死亡や後遺症などの健康被害を防ぐことはできないものです。発生した健康被害が医療過誤にあたるのかどうか、医療的な専門的な知識が必要とされるため、患者側が証明することはとても難しいです。 医療事故、医療過誤の問題はとても複雑です。医療裁判を起こして損害賠償を請求しても、戦い抜くことは容易ではありません。ですが、同じ過ちが繰り返されることはあってはなりません。医療行為に対して、「医療ミスでは?」「医療過誤があったのでは?」と不信感を抱いたら、医療裁判に詳しい専門家へ相談しましょう。