京都市下京区で医療問題を扱う弁護士検索

1-1名を表示 / 全1

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
高谷滋樹 弁護士

高谷滋樹

弁護士

「社会インフラとしての弁護士」を信念として

※医院様/患者様 両対応※  医療でのトラブルをはじめ、B型、C型肝炎にも対応いたします。 医院様からの御相談も随時お受...

  • 企業法務
  • 労働問題
  • 借金・債務整理
  • 刑事事件
  • 交通事故
  • インターネットトラブル
  • 医療問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • ...
事務所:
都総合法律事務所
最寄り駅:
烏丸駅 / 烏丸御池駅
住所:
京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィスーワン四条烏丸802 フロンティア・ロー京都

京都市下京区で1名の医療問題を扱う弁護士が見つかりました。烏丸駅や烏丸御池駅を最寄り駅としている弁護士がいます。企業法務、労働問題、借金・債務整理、刑事事件、交通事故、インターネットトラブル、医療問題を扱う都総合法律事務所の高谷滋樹弁護士が活躍しています。「■御挨拶 法律相談を受けたとき、 「もっと早くに相談しておけば良かった」 「弁護士は、敷居が高く感じるので相談できなかった」 」というプロフィールの方もいます。士業はハードルが高いとお考えではありませんか?京都市下京区には気軽に相談できる弁護士が数多く存在します。

医療問題

医療事故とは、医療現場で発生するすべての人身事故を指します。そのなかでも医療過誤は、医療従事者による人為的なミスによって健康被害が発生した事件を指します。つまり、避けることができたはずの医療事故を医療過誤といい、医療行為に不信点がある場合は患者側が原告となり医療訴訟を起こすことがあります。 医療裁判を起こすには、医療機関の過失行為を証明する必要があります。しかし、医療行為は完全ではないため、死亡や後遺症などの健康被害を防ぐことはできないものです。発生した健康被害が医療過誤にあたるのかどうか、医療的な専門的な知識が必要とされるため、患者側が証明することはとても難しいです。 医療事故、医療過誤の問題はとても複雑です。医療裁判を起こして損害賠償を請求しても、戦い抜くことは容易ではありません。ですが、同じ過ちが繰り返されることはあってはなりません。医療行為に対して、「医療ミスでは?」「医療過誤があったのでは?」と不信感を抱いたら、医療裁判に詳しい専門家へ相談しましょう。