兵庫県で遺言・遺産相続を扱う弁護士検索

1-1名を表示 / 全1

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
向井大輔 弁護士

向井大輔

弁護士

関係するすべての人間関係に配慮しながら、そこにある深い想いに触れ、相談者様にとって最適な法的サービスを提供します。

  • 離婚・男女問題
  • 不動産トラブル
  • 遺言・遺産相続
事務所:
みなと神戸法律事務所
最寄り駅:
三宮・花時計前駅 / 三宮駅(市営)
住所:
兵庫県神戸市中央区御幸通6丁目1-15

兵庫県で1名の遺言・遺産相続を扱う弁護士が見つかりました。三宮・花時計前駅や三宮駅(市営)を最寄り駅としている弁護士がいます。離婚・男女問題、不動産トラブル、遺言・遺産相続を扱うみなと神戸法律事務所の向井大輔弁護士が活躍しています。「2006年 旧司法試験合格 2008年 弁護士法人淀屋橋・山上合同入所(大阪弁護士会登録) 2012年 みなと神戸法律事務所開設」というプロフィールの方もいます。もしも兵庫県に希望の弁護士が見つからなかったら近隣のエリアも検索してみてください。多くの士業は広いエリアに対応しているので、所在地以外でも対応可能です。

遺言・遺産相続

相続は「争続」といわれることもあるほど、トラブルに発展しやすいものです。故人の遺産の分け方をめぐって相続人同士の争いが起こったり、借金などの負の遺産の相続について揉め事が起こったりと、トラブルの内容は様々です。 このような場合、相続人同士の話し合いで解決できることが何よりですが、必要に応じて遺留分滅殺請求や相続放棄の手続きが取られることも多いです。争いが起こらないように、「遺言」を作成しておくのも有効ですが、法的な手続きが必要になります。 また、近年では「成年後見制度」にも注目が集まっています。認知症などで判断能力が低下した人を保護するための制度で、本人の代わりに契約や財産管理をする権限をもつ成年後見人をつけることができます。この制度は、遺産分割協議を進める場合にも利用されています。 遺言発生時のトラブル解決、遺留分滅殺請求や相続放棄、遺言書作成、成年後見制度の申請にも、専門的な法律知識が必要になります。問題を大きくしないためにも、相続に詳しい弁護士へ相談することをおすすめします。エキテンプロなら今すぐに相談できる弁護士を見つけることができます。