福本健一

ふくもと けんいち

福本健一

行政書士

  • 各種許認可申請
  • 遺言・遺産相続
  • 外国人在留・ビザ
相談する
事務所:
行政書士マルケン事務所
最寄り駅:
仲御徒町駅/御徒町駅/上野広小路駅
住所:
東京都台東区台東4-31-7-203

プロフィール

<元高校英語教師が行政書士に?>  はい、房総半島の東端の公立高校で、6年間英語教師をやっていました。しかし、公務員という安定した地位、すなわちレールに乗ってしまった自分の人生に疑問を抱き、あっさりと辞職。日本を飛び出し、カナダ・アメリカを放浪。  帰国後、6年ほど会社勤めをしましたが、日常の業務に埋もれてしまう毎日に、「何かが違う」、「自分がやりたいことではない」、「夢が感じられない」といつも感じていました。  そうした中、一念発起して、行政書士資格を取得し、独立・開業した次第。          さて、「行政書士って何する人?」「司法書士とはどう違うの?」世間一般の方々にとって、行政書士という資格の認知度はまだまだ低いですねえ。  また、行政書士の業務は多岐に渡るため、どういうサービスをしているのか、解りにくいという現状があります。  大雑把に言うと、行政書士は、他の士業(さむらいぎょう)がやらないこと全部を承ります(笑)。  具体的に、他士業とは、弁護士・司法書士・税理士・公認会計士・社会保険労務士などです。ちなみに司法書士は、不動産登記、商業登記、自己破産手続、などが主な業務です。  行政書士は、法律に関する相談にも答えますし、「金払え~」という内容証明郵便も書きます。あと、メイン業務としては、許認可申請代行があります。  いずれにせよ、認知度が高いとは言えないですね(笑)。  しかし、当事務所ではそうした逆境もなんのその、業務を特化して専門性を高め、また他士業と連携することにより、ワンストップですべての問題が解決できるよう、差別化を図っています。  フットワークの良さと、懇切丁寧な対応がウリです。  けいれき  学校卒業後6年間、千葉県立銚子商業高校で英語教師として教鞭を 執り、硬式野球部の顧問として、「目指せ甲子園!」に青春を捧げる。 元埼玉西武ライオンズの石井一久投手(学館浦安高校)や元中日 ドラゴンズの小笠原道大選手(暁星国際高校)のいるチームと試合をしたのは、良き思い出。残念ながら、就任中の甲子園出場はならず。  教員在職中のあるとき、思い立ったが吉日で、教育公務員という地位を捨て、日本を脱出。2年にわたり、北米を放浪。夏はヒッチハイクで、大陸を横断。冬はスキーリゾートに居を構え、毎日コブを攻める。  帰国後は、テレアポ会社、日テレ系の番組製作会社でのAD(アシスタント=ディレクター)、大手語学学校の事務職を経て、2003年5月に行政書士マルケン事務所を設立。  ペットトラブル・入管業務・建設業許可・相続遺言業務をメインに活動中!  ペットトラブルについては、新聞・雑誌・TVなど、マスコミ露出も多数。  著作 『あなたのペットトラブル解決します』 共著 角川学芸出版  すきな言葉  「夢」   

経歴
1987年 03月 千葉大学教育学部 卒業
2003年 05月 行政書士マルケン事務所 開設
相談する